麻の葉文様

  • 2018.07.01 Sunday
  • 23:02

JUGEMテーマ:着物日和

 

 

 

    文月、薄物着物に変わりました。

 

紬好きの私ですが、

 

これからの二ヶ月だけは、

 

透け感とさらっとした肌触りが好みの、絽しか着ません。

 

て、言うか、絽しか持ってないのですが。(泣)

 

以前は、麻の着物も着たりしましたが、

 

体から離れる着姿が、凧のようで

 

チビの私には、うまく着こなせなかった。

 

ゆくゆくは、憧れの宮古上布をねらいたいです!

 

 

 

 

 

 

麻の葉模様、大好きです。

 

他の模様とコラボした図案も数多くありますが、

 

この麻の葉だけの「麻の葉繋ぎ」柄が好きです。

 

 

平安時代からある文様で、意外と古い。

 

麻は丈夫で虫がつかず、まっすぐ長く伸びる植物だそうで、

 

厄除け魔除けのの模様として、

 

着物、長襦袢はもちろん、和装小物などの意匠に多用されています。

 

子供の産着にも麻の葉柄、多いですね。

 

なんだか、

 

身につけているだけでお守りになりそうな、有難い文様のようです。

 

農耕民族の日本人は、植物一つにも意味を見出して

 

ファッションにしてきたのがすごい!

 

 

それこそ、

 

麻の葉繋ぎが織りだされた、真っ白な宮古上布!

 

なんて着物に出合えたら、ご利益があるに違いない!

 

待った無し!かな?

 

その着物に合わせる、帯・帯締め・帯揚げ

 

¥ ¥ ¥・・・・・・¥ ¥ ¥

 

(一体、いくらに?)

 

出合えなくてもいい気がしてきました。(笑)

 

 

Hp「ふみ流.com」は、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM